読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨミ専目線からみたカクヨム雑感

 新しい小説投稿サイト「カクヨム」がオープンしたようです。
https://kakuyomu.jp

 株式会社KADOKAWA提供らしく、一部作品では二次創作も認めているとかなんとか。なんでそんなところにたどり着いたかというと単純に「新都者というサイトで活動してる作家が向こうでも活動しているから見に来た」というだけです。はい。


 そのカクヨムですが書き手側に関しては相当注目されていたらしく、一定期間内に投稿された作品のなかで選考を行ってうまくいけばプロデビュー!?と言うこともあって物凄い勢いで作品が投稿されていくわけですが読み手のほうは不足しておりあまり手応えを感じていないようです。いちヨミ専としましてもドン引きするほど作品が多すぎる上にサイト内の検索エンジンの仕様の糞さも相まって「何に手をつければいいのかワカラナイ」状態。作者名も検索できない(これ地味に不満なんですが……)っていうのはあんまりだと。

 気になる作品群ですがこちらも魑魅魍魎の地獄絵図という表現が適当といえるでしょう。異世界ファンタジーから本格SF、経済分野をテーマにした小説角川内部暴露作品等々、無駄にジャンルが広く本当にここで公開しても需要があるのか?と心配になる作品が点在しており「○○賞最終選考」というきらびやかな称号と読者を引き込む圧倒的な文章力をもってしてもユーザーのミスマッチという致命的なミスを犯し““そびえ立つクソ""と化しているのは、僕からしたら涙しか出てこない惨状。ためしに「最終選考」というワードで打ってみても化の作品が検索結果に引っ掛からないのに怒りを感じざるを得ない状況になっています。マジデモッタイナイ。


 立ち上げ当初ということもありユーザーの層がわからないのは辛いものがありますが徐々に必要とされない作品が淘汰されていきどういうユーザーが残りどういう作品が受けるのかがはっきりしてくると思います。企業公式提供サイトが劣化小説家になろうという雰囲気にならないように草葉の陰からこっそり応援しようかなと思います。なろうで駄目でカクヨムでも駄目だった人は新都者で小説投稿なんてのも一興ではないかと思います(ステマ)